辞職後ゆっくりと時間が過ぎていただけだった

辞職後、ゆっくりと時間が過ぎていただけだったり、失業保険を受けとるだけで、別段、就職活動らしいことをしていなかったりすると、無職の期間が長引けば長引くほど転職の支障となるかもしれません。
できることなら、面接官が納得できるような理由を言えるようにしておくことが大切です。無職の時期が長いと次の就職がしにくいので、できることなら退職をしてから短期間で転職するように肝に銘じて行動してください。
面接官が無職期間を気にして質問をしてくる場合もありますので、無職である間に何をしていたのか、はっきりと答えられるように準備しておきましょう。
転職理由で当たり障りのないものは、スキルをアップさせるためという理由が一番支障がなく、さらに、相手にマイナスイメージを持たれにくい理由でしょう。スキルをアップしたいという理由であれば、無難なだけでなく、入社後もさらなるスキルアップを目指しているというプラスイメージを人事側に付加することができます。
転職時、履歴書の記述の仕方がよく理解できないという人もおられるでしょうが、近年では、ネットで探すと、履歴書の記載方法の模範なども掲載されていたりするので、それらをみながら、履歴書を作成されるのもいいでしょう。
とはいえ、丸写しというのはやめておくべきです。
相手企業にアピールできる記述方法を自分で考えることが大切です。仕事を選ぶ時に、正社員をを希望することは今も昔も変わりません。
正社員である事のメリットは毎月、決まった収入が手に入ることです。
保険やボーナスにおいても大きいメリットがあります。
ただ、実際には非正社員の方が割がよい仕事も多数あって、どっちが良いかは計算してみないとわかりません。

t0k3m3h0m3