まず始めに検査を受けることができる企業か

まず始めに、検査を受けることができる企業から検査キットを取り寄せます。
そして、検査キットには綿棒が入っているので、この綿棒でほほ近辺にある粘膜を取ってください。そして最後にその粘膜を付けた綿棒を送り返せばよいのです。
自分がそういう体質であるか、どうやったら減量することができるのかを「遺伝子検査」というやり方で調べられるのです。一昔前であれば遺伝子検査というと医学上の検査だったと言えますが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査が可能となっています。
いつだってもっと体重を減らしたいと思う人は多いことと思います。
ですが、痩せたいと思ってテレビ番組で見たダイエット法にチャレンジしたものの痩せない、雑誌で見たやり方を試してもちっともダメ、という方も結構いることでしょう。
肥満には四種類のタイプがあり、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子は変異しておらず生活習慣が原因となるものに分けられています。
一つ目はごはん並びにパンなどの糖質の代謝が得意ではないリンゴ型という名で呼ばれているタイプで、内臓の周りに脂肪がつきやすく、女性よりも男性に多くみられます。このタイプの人は、痩せやすい体質ではあるのですが、かえってリバウンドもしやすいタイプと考えられます。
このタイプに分類される人は、糖質の多くない食事を摂るのと合わせて、糖質を燃焼すると思われるたくさんのビタミンB1を摂ることで減量効果が望めるでしょう。

t0k3m3h0m3