初めに検査をやってくれる企業から検査キッ

初めに、検査をやってくれる企業から検査キットを取り寄せてください。
それから、検査キットには綿棒が入っているので、この綿棒を使ってほほのあたりの粘膜を取ってください。最後はその粘膜のついた綿棒を返送しましょう。
このタイプの場合、痩せやすい体質だと言えますが、逆にリバウンドもしやすいタイプと言えます。このタイプに分類される人の場合、糖質の多くない食事を摂ると同時に、糖質の燃焼効果が望めるたくさんのビタミンB1を摂ることで減量効果が期待できます。肥満には四種類のタイプがあり、三種類の肥満遺伝子変異が元となるものと遺伝子の変異はなくて生活習慣が元となるものに分けることができます。まず一つ目はパン及びごはんなどの糖質の代謝が得意ではないリンゴ型という名で呼ばれているタイプで、内臓の周りに脂肪が付きやすいタイプで、女性に比べて男性に多いのが特徴です。自分がどういう体質なのか、どうすれば痩せられるのかを「遺伝子検査」によって調べられるのです。以前であれば遺伝子検査という行為は医学上の検査だったのですが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査を受けることができるようになりました。
二つ目は揚げ物やジャンクフードなど脂質の代謝が上手にできない洋ナシ型と言われているタイプで、お腹周りなどに皮下脂肪がつきやすく、男性よりも女性に多くみられます。このタイプの場合、体重を減らしたいと頑張っても簡単には痩せることができないタイプと言えるでしょう。

t0k3m3h0m3