おねしょをしてしまう子は基本的にバソプレシ

おねしょをしてしまう子は基本的にバソプレシンの分泌が少ないのです。
そういう場合、夜に無理やり起こし排尿させると、ますますリズムが崩れてしまうので、早寝早起きで昼間は身体を動かして就寝するという規則正しい毎日を過ごせば、小学校に上がるまでには治るでしょう。「人が健やかに長い人生を歩むには1日で7時間(6時間半以上7時間半未満)寝ることが最も良い」ということが証明されていますが、当然、乳児の頃はもっとたくさん必要です。
そんなわけで、成人してからも疲れを翌日に残さないために睡眠は大事です。だが、だんだん年を取ると、寝つきが悪い、寝る事が出来ない、眠っても夜中に起きてしまう、と訴える人が増えてきています。
このバソプレシンの分泌が、年齢が上がると減るため、夜間でも何度もトイレで目が覚め睡眠のリズムが崩れ、眠れなくなるという研究結果が最近明らかにされ、脳科学界では話題になりました。
簡単に眠りに就くコツは昼に、スポーツしたり、散策したりと体を使っておくことです。ちなみに言うとこのバソプレシンは、幼い時期は夜中でも多く分泌されないことがあります。

t0k3m3h0m3