ここで注意しなければならないのはSPF1

ここで注意しなければならないのは、SPF15は15分後、SPF30の場合は30分後とという意味ではありません。SPF15に関しては日焼けを20分後に始める人であるならば、始まる時間を15倍延長することができるという意味合いになります。
これによりおおよそ300分後まで延期することが可能というわけです。加えて、SPF30だと約10時間後までということになります。すなわち、犬の散歩へ行く、近くの店への買い物など日常生活だけで考えるならSPF15のもので十分足りそうです。
それからPAですが、PAはシワ及びたるみのキッカケとなる紫外線A波の影響をどれだけ防止できるかということを表しています。効能はPA+~PA++++といった四段階に分かれており、数が多くなるほど効果も強くなります。
しかし、これら二つがそれぞれ何を表しているのかを間違わずに言える人は、そんなにいっぱいいないのではないかと思います。
数字に関しては大きい方が効果がありそうだから、毎回大きな数字のものを利用しているという人もいることでしょう。それに+も多いものを利用しているという人も少なくないでしょう。
人の肌の場合外出した瞬間から日焼けが始まるわけではないのです。多少の個人差が見受けられますが、およそ15分~20分後から日焼けが始まってしまいます。

t0k3m3h0m3