このようなことから時たま足がつる程度

このようなことから、時たま足がつる程度であれば、特に心配することはないと思われますが、日常生活においてよく足がつるようならば、ひょっとしてそれはなんらかの病気のサインの可能性があります。まず一番に疑われるのは、糖尿病なのです。
糖尿病という名の病気は高血圧並びに肥満などと同様に生活習慣病に分類されており、私たち日本人にとってひどく身近な病気です。
例を挙げるなら足が、よくつるだけでなく、しょっちゅう喉が渇く、たびたびトイレにいくようになった、食事を摂ってから数時間経ってから眠気もしくはだるさをよく感じるなどの症状が出たら、糖尿病かもしれません。現在日本人で糖尿病を患っている人は、糖尿病予備群の人も含むと2000万人以上にもなってしまうということです。
つまり、日本人全体のだいたい5人に1人は糖尿病または糖尿病予備群ということになるのです。閉塞性動脈硬化症について言えば、ふくらはぎの部分に症状が現れることが多い点が特有です。もしふくらはぎにしびれまたは痛み、つるという様な症状が見ることができ、それがしょっちゅう起こるようであれば気をつける必要があります。

t0k3m3h0m3