すぐに眠りに就くには目を覚ましていると

すぐに眠りに就くには目を覚ましているときに、運動をしたり、散歩したりと体を動かしておくことです。
ちなみにこのバソプレシンという抗利尿ホルモンは、小さい頃は夜間でもそんなに放出されないことがあります。深夜睡眠中には、脳にある下垂体より成長に深く関与するホルモンの分泌が促されるので、ことさら子どもにとっては十分に寝る事は肝要です。
「寝る子は育つ」という事は、脳科学的立場からでも真実なのです。
成長ホルモンの放出は20歳を絶頂にだんだんと減りますが、大人になっても夜の睡眠中には作られています。
成人のケースでは、このホルモンは、昼間に酷使した筋肉の手入れなど、疲労回復の役目をしています。おねしょが治らない子はほとんどがバソプレシンの分泌が不足しています。その場合は、夜無理やり起こしてトイレに行かせるとさらにリズムが崩れるので、早寝早起きをして、昼は身体を使い睡眠をとるという規則正しい生活を習慣的に送っていれば、小学校に上がるまでには治まるでしょう。「人が健康で長生する1日で7時間(6時間半以上7時間半未満)寝ることが最適」ということが判明していますが、言うまでもなく、乳幼児の際はもっとたくさん睡眠をとらなければいけません。

t0k3m3h0m3