その次に閉塞性動脈硬化症と言えます。閉塞性

その次に閉塞性動脈硬化症と言えます。
閉塞性動脈硬化症というのは、足の動脈に動脈硬化が起こるせいで、動脈が細くなってしまったり詰まることもある病気でひどくなると、足を切断することになってしまう危ない病気だと言えるのです。
現在日本人で糖尿病になっている人は、糖尿病予備群の人も含むと2000万人を超えると言われているのです。簡単に言うと、日本人の場合、約5人に1人は糖尿病あるいは糖尿病予備群ということなのです。
それと、片方の目だけ見えなくなる、目の焦点が合わないという様な症状が現れることもあるのです。
高血圧及び糖尿病の人や愛煙家の場合、危険性も上がるので、特に気をつけなければなりません。仮に足が、頻繁につるのに加えてよく喉が渇いてしまう、たびたびトイレにいくようになった、食事を摂ったあと何時間か後にだるさや眠気をしばしば感じるなどの症状があれば、糖尿病の可能性があります。それから三番目に、脳梗塞です。
脳梗塞というのは脳卒中の1つで、日本人が死亡する理由の第3位となっている、とても身近な病気なのです。
1年で数十万人の人が発症していると言われていて、芸能人並びに有名人の中にも発症した方がいるので、知っている方も多いでしょう。

t0k3m3h0m3