では男性のケースはどうなのでしょう

では、男性のケースはどうなのでしょうか?男の人はほとんどが「相手より優位に立ちたい」という気持ちが大きいので、仲間同士でも弱い部分を出すようなことはしません。したがって、女の人のように、「友人に愚痴を言ってストレス解消」は容易ではないでしょう。私たち人類は一日全て合わせて7時間寝ることが、健やかに長く生きるには不可欠となります。どうすれば、色んな事に頭を悩ますことなくすぐ就寝できるのでしょうか?そこでカギとなるのが、一日のすごし方。
まず、1日のサイクルは朝、太陽の光を浴びると25時間から24時間リズムにリセットされます。朝、改めて問題を考え直した方が良い対策が思い浮かぶ可能であれば翌日までひきづらない方が寝つきが良いです。夜、寝室に入ってもすぐには寝られない。
もやっとした時を過ごした挙句、明け方近くにやっとの思いで就寝することができ、朝は遅刻ギリギリの時間でないと起きることが出来ない。そのような経験はありませんか?ですが、耐えがたいことが立つ続けにあることもあります。心の重荷になり、夜寝付くことが出来ない。それが、ストレスです。
ストレスが原因で寝れない日が続くと、鬱になることも多々あるのです。うつ病になると、寝ても寝たりないという症状が見られることもあります。

t0k3m3h0m3